2018大阪オープン参加の感想 (広報担当 OYASU)

★ ロングマッチを戦う 集中力と体力不足を 痛感。 日常的にロングマッチをこなしていないと いざ大会などに 出場した時に 困ってしまう。 試合形式は1ポイント2分で 22分持ちディレイ12秒。 試合の進行状況によっては 全然時間が足りなくなったりします。クロック使用での対戦にも慣れて いかないといけないと思いました。

 現在高知バックギャモンクラブでは5ポイントのレーティング戦を繰り返していますが 、 9ポイントか11ポイントの リーグ戦を同時並行で4月からやってみるのもよいと思いました。

★ 参加者は皆さんがプレシジョンダイスを持参していました。 Lボードを 持参した人は受付の時に申告して参加費割引があったみたいです。



★ 参加者の年代は かなり幅が広かったです 10代から 50代ぐらいです 。女性の参加者も けっこういました。 名古屋と関東からたくさんの 参加者がいました。

★会場はオープンクラスとそれ以外は 部屋が分かれていて オープンクラスは 静かな緊張感の漂う雰囲気で 皆さん集中して対戦をしていました 。出入りは自由で 自分の好みの 人の 試合をを そばで見学することができます。 中級戦と初級戦とミニトーナメントの部屋は皆さんガヤガヤとお喋りしながら 楽しく ゲームを楽しんでいました

★オープンクラスには現名人、現盤聖、2017日本選手権優勝者などが参加。 その他の参加者も過去のタイトルホルダーがゴロゴロといらっしゃいました。 自分がコンソレーションで対戦したプロ棋士の 片上さんも 2005年の 王位 です。

★ 普段自分が ネットで対戦している inbc のメンバーと直接お会いして お話もして 居酒屋の懇親会もあったりして 仲良くしていただいて 良い思い出になりました。

★オープンクラスの 参加者は 自分の棋譜を 記録するための カメラを 持参している 人が かなりいました。 対戦後にパソコンに 入力してレートを計算しているみたいです。

★ 大阪支部は日曜日に 例会を しているみたいなので 都合のつく方で車の乗り合いで高知からの日帰りでの参加を計画してもいいかなと思いました。

★ 大阪オープンの参加は とても良い経験になったし 緊張感の中で真剣勝負を 楽しむことができました。 急遽の代役ではありましたが良い機会を与えくださった大阪支部の関係者方々に感謝です。結果は出ずに残念ではありましたが 、応援に来ていただいた、りきさんがとても心強かったです 。

received_1417622735008567
received_1417687338335440


FB_IMG_1537746739982
FB_IMG_1537746745141
FB_IMG_1537746749243
FB_IMG_1537746752541
FB_IMG_1537746755480